霞ケ浦の朝焼けを自転車で 星野リゾートが新プラン

2020/9/11 12:31
保存
共有
印刷
その他

星野リゾート(長野県軽井沢町)は茨城県土浦市のホテル「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)土浦」の宿泊客向けに、サイクリングしながら霞ケ浦の朝焼けを見に行くプランの販売を始めた。日の出前に自転車を走らせ、到着した先で次第に明るくなり空が変わる様子を楽しめる。

朝日が霞ケ浦に映える風景を見ながらサイクリングできる

自転車やヘルメットを貸し出し、茨城の名産品の干し芋とコーヒーを提供する。料金は1人当たり2200円(税別)。前日午後8時までにフロントで予約を受ける。定員は1日あたり10人。

同ホテルは「ハマる輪泊」を合言葉に3月開業したサイクリングホテル。宮越俊輔総支配人は「早起きにチャレンジし、気軽に朝日の景色を楽しんでほしい」と話す。霞ケ浦は国内で2番目に大きい湖。視界を遮られず、群青色からオレンジ色へと染まる空が映える様子を楽しめるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]