/

この記事は会員限定です

ミネベアミツミ貝沼社長「今期増益も M&Aで多角化」

回復を探る コロナ禍と財務

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で自動車や航空機メーカーの生産が減少している。軸受け(ベアリング)などの部品を供給するミネベアミツミには逆風だが、「巣ごもり」消費で伸びるゲーム向けなどが下支えし、2021年3月期は増益の可能性も残す。M&A(合併・買収)を含めた経営方針を貝沼由久会長兼社長に聞いた。

――今後の財務戦略は。

「資金配分では、約1000億円のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)の半分の500億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン