イグアス、新型コロナ対策用の入場者管理システム

2020/9/10 19:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IT機器商社のイグアス(川崎市)は新型コロナウイルス対策用の入場者管理システム「テンポック」を発売した。機器を施設の入り口に設置し、入場者自身が非接触で検温。正常な体温の場合のみラベルシールを発行し、衣服の上に貼付してもらう。

幅約20センチ、奥行き約25センチ、高さ約50センチ、重量は約5キログラムで、机の上などに置い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]