大阪市、水道料支払い1年猶予 10月から半年分

2020/9/10 18:35
保存
共有
印刷
その他

大阪市は10日、新型コロナウイルスの影響で収入が減少した市民や事業者を対象に、上下水道料金の支払いを10月から2021年3月までの半年間、最長1年猶予すると発表した。10月1日から申請を受け付ける予定だ。

市はこれまで水道料金の支払いが困難な場合は個別の相談を受け付け、支払いを約3カ月猶予してきた。3~8月に支払いの猶予を決めたのは個人約680件と法人約250件。ホテルや旅館、飲食店などからの申請が多いという。申請方法や詳細な基準は今後ホームページで公表する。

市は新型コロナへの経済対策として7~9月検針分の水道の基本料金と下水道の基本額を全額免除していたが、9月末に終了する。この免除に約80億円を充てた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]