/

コンビニ3社の8月売上高、セブンは前年並み

コンビニエンスストア大手3社が10日にそれぞれ発表した8月の既存店売上高は、セブン―イレブン・ジャパンが前年同月と同水準まで回復した。ファミリーマートは7.7%減、ローソンは8.7%減と前年割れが続いたが、オフィス街の店舗の客足が戻りつつあり回復傾向がうかがえる。

客数はセブンが5.5%、ファミマが11.9%減った。ローソンは13.2%減だった。

8月は新型コロナウイルスの感染者が大幅に増え、帰省や旅行を控える動きが目立ったが、3社ともマイナス幅は縮小している。好天が続いたほか、スーパーの代替として住宅地の店舗が堅調に推移した。

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、スーパーの代替としてコンビニで食品を買いだめする需要は根強い。客単価はセブン5.8%増、ファミマ4.8%増、ローソン5.1%増といずれも高水準で推移している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン