/

感染症対策展、ポートメッセなごやで 11日まで

新型コロナウイルスの感染防止で広まる新しい生活様式のための商品展示会「感染症対策総合展」(名古屋市など主催)が、9日からポートメッセなごや(同市)で開かれている。約110社が出展し、医療用のガウンやタッチレスで体温測定できる機器などを紹介している。展示会は11日まで。

このうち自動車販売のホワイトハウス(名古屋市)は2019年に発売したドーム型簡易テント「イージードームハウス」を展示した。もともとはキャンプ場などアウトドア向けに開発したものだったが、コロナの臨時診察室などにも使えるとして、150の医療機関に既に販売したという。展示会の入場には公式サイトでの事前登録が必要。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン