/

この記事は会員限定です

商船三井、サンゴ復元へ調査員 燃料流出でモーリシャス追加支援

[有料会員限定]

インド洋の島国モーリシャスで大型貨物船が座礁し、大量の燃料油が流出した事故を巡り、船をチャーターした商船三井はサンゴ調査員の派遣や基金の設立などの追加支援を決めた。環境汚染に対する非難が強まるなか、船の手配者としての社会的責任を果たしたい考えだ。

7月25日に座礁した大型貨物船「WAKASHIO」からは8月6日以降、1000トン以上の燃料油が流出した。モーリシャスのマングローブ林など海岸まで漂着し、現在も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン