/

TikTok念頭 情報漏れ防止策 自民提言

自民党のルール形成戦略議員連盟(甘利明会長)は10日、外国製アプリを通じた情報漏洩の防止に関する提言をまとめた。中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を念頭に、データの不正使用が疑われる場合はアプリ業者への立ち入り検査を容易にする体制づくりを促す。

近く政府に提出する。提言は政府が各国の情報機関と連携し、利用者データの不正使用に関する情報収集や調査機能の強化を求める。利用者が同意していない目的外のデータ利用を抑止して個人情報の漏洩を防ぐ。

中国の国家情報法は市民や組織に国家の情報収集への協力を義務づける。提言はアプリ提供者が利用者データの扱いに関し、国家情報法などの法律を適用するか契約に明記すべきだと主張する。

日本政府が使うIT(情報技術)システムについて米国と同等の高精度のサイバーセキュリティー基準の導入も求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン