/

この記事は会員限定です

シンガポールのMaaSスタートアップがアジア攻略

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

シンガポールの交通スタートアップ、スワット・モビリティーがアジア市場の攻略を進める。2016年の設立ながら、東南アジア、豪州、日本と海外6カ国に進出した。武器は最適な経路を最短10秒以内に導き出す人工知能(AI)で、次世代交通サービス「MaaS(マース)」の支援ツールとして需要が高まる。7月に進出したばかりの日本市場を重要市場と位置づける。

同社のAIはシンガポールとロシアの精鋭エンジニアが開発し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン