中国の南シナ海の活動「懸念もち注視」 官房長官

米中衝突
2020/9/10 19:30
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、南シナ海を巡る米中両国の対立について「日本を含む国際社会の正当な関心事項だ」と述べた。「最近の中国の南シナ海の活動について懸念をもって注視している。緊張を高めるようないかなる行為にも強く反対する」と語った。

菅氏は「自由で開かれた平和な海を守るため、引き続き米国をはじめとする国際社会と連携していきたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]