ウニや貝も「完全養殖」へ エサ探し急ピッチ
近畿大学水産研究所の挑戦

2020/9/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「捕る」から「育てる」漁業へ――。近畿大学水産研究所は、人工的に産まれた卵から育てる「完全養殖」の対象をウニや貝類まで広げようと突き進む。カギを握るのはエサの開発だ。多くの水産物の生態は謎に包まれ、何を食べているのかすらわからない。試行錯誤のエサ探索の先には、「育てた」ウニのウニ丼を食卓で味わえる日がやってくるかもしれない。

「あらゆる魚介類で、完全養殖を実現する」。同研究所の升間主計所長は養殖の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]