「スポークスマンの適性ある」 官房長官

菅内閣発足
2020/9/10 19:00
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は10日の記者会見で、スポークスマンとしての適性を問われ「適性はある」と答えた。「官房長官として話すことができないこともある。そうしたことの説明がうまくなかった」とも語った。

菅氏は過去の記者会見を振り返り「なかなか国民のみなさんに通じていなかったのかなと思う。謙虚に受け止めながら対応する」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]