/

この記事は会員限定です

[FT]米中ハイテク分断 中国の逆襲

米産業政策不在のツケ

(更新) [有料会員限定]
Financial Times

「柔術」でいえば完璧な返し技だった。トランプ米大統領が中国テック企業の北京字節跳動科技(バイトダンス)に傘下の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国での事業を米マイクロソフトに売却するよう圧力をかける様子を数週間じっと見守ってきた中国政府は8月末、トランプ氏の得意技を逆手にとり、技術輸出の規制強化で反撃に出た。

「中国輸出禁止・輸出制限技術リスト」を改訂し、ティックトックの主たる資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ラナ・フォルーハー

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン