/

この記事は会員限定です

コロナの記録、100年先へ くびきの痕跡集め「史料」に

(更新) [有料会員限定]

「感染症で市民生活がどんな制約を受けていたのか、よく分かる資料ですね」。7月のある昼下がり、大阪府吹田市のすし店を訪れた五月女賢司さん(46)は、うれしそうな表情を浮かべた。

手にしたのは、店の客がつづった50枚ほどの短冊。「動物園に行きたい」「みんなでワイワイ飲みたい」。新型コロナウイルス禍で自粛を強いられた人たちの生活の"苦闘"があふれていた。

吹田市立博物館の学芸員を務める五月女さんは3月か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1588文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン