/

この記事は会員限定です

金融庁、ドコモに報告命令 不正の原因調査へ

[有料会員限定]

NTTドコモの電子決済サービスで預金の不正引き出しが見つかった問題で、金融庁は10日までに、ドコモに対して資金決済法に基づく報告徴求命令を出した。不正利用の実態や再発防止策などについて報告を求める。原因の究明に向けて本格的な調査に乗り出す。

ドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を経由した預金の不正な引き出しは、全国の地方銀行など少なくとも10行で合計37件が確認された。被害総額は約1200万円に上る。ドコモ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン