医療情報の標準化急げ 松田晋哉氏
産業医科大学教授(公衆衛生学)

私見卓見
2020/9/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の新型コロナウイルスの感染拡大でわが国のIT(情報技術)活用の枠組みが、他の先進国に比べて大きく遅れていることが明らかになった。陽性患者の情報登録が手作業で、しかもデータのやり取りにファクスを使っていたことから、間違いや分析遅れが目立った。極めて残念な状況だ。医療や保健情報の活用体制の確立はこれまで何回も指摘されてきたはずなのに、なぜ整備が進んでこなかったのだろうか。

まったく進歩がなかった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]