/

この記事は会員限定です

トヨクモ、安否確認サービスなど展開

[有料会員限定]

法人向けのクラウドサービスを展開している。災害時の従業員安否確認サービスに加え、サイボウズのクラウド型プラットフォーム「キントーン」と連携して使うデータ保全などの各種サービスが2本柱だ。どちらも顧客から月々、利用料をもらう仕組み。合計の有償契約件数は6月末で5000件超と2018年末から7割強増えた。申し込みから利用までをオンラインで完結できるようにし、営業コストなどを抑えた事業運営により、価格競争力に強み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン