時間を巡る映像の冒険 映画「TENET テネット」

アートレビュー
2020/9/11 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第3次世界大戦を止めるために起用された名もない男は「TENET(主義)を忘れるな」と言われ、意味も解らないまま時間に押されるように連打される出来事に巻き込まれていく。

出世作『メメント』(2000年)から『インセプション』(10年)、『インターステラー』(14年)、と時間にこだわり、はじめて実話に材をとった『ダンケルク』(17年)では、3つの異なる時間帯から第2次大戦下ダンケルクの戦いを語る、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]