5歳児の唾液量調査… 日本はイグ・ノーベル賞大国

生活
2020/9/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ノーベル賞のパロディー「イグ・ノーベル賞」の発表が来週に迫る。2019年まで13年連続で受賞するなど、日本は世界有数のイグ・ノーベル賞大国。なぜ日本人の受賞が多いのか。

■真面目・寛容な風土が後押し

明海大学教授の渡部茂さんは昨年の受賞者。表彰された研究は「5歳児の1日に出す唾液分泌量」の調査だ。子どもに食べ物をかんでもらってそれを吐き出し、唾液量を調べる。30人で実験したところ1日約500ミリリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]