/

この記事は会員限定です

自民党総裁選「緩和継続」の差 菅氏「必要ならさらに」

岸田氏はマイナス金利の弊害も 石破氏は市場機能低下に警鐘

(更新) [有料会員限定]

自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長の金融政策に関する発言に注目が集まっている。日銀による異次元の金融緩和を当面継続すべきだとの立場は同じだ。現在の市場への見方や中長期の方針に違いがある。

金融緩和は安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の柱だ。円安・株高につながった。

日銀法は3条で「自主性は尊重されなければならない」と独立性を定め、一方で4条には「常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1071文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン