/

この記事は会員限定です

中国製に負けない抜群のコスパ シャープの新5Gスマホ

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

日本の次世代通信規格「5G」サービスは、新型コロナウイルスに出はなをくじかれ、いまだに低空飛行を続けている。

NTTドコモは3月末に5Gサービスを始めたものの、契約数は8月1日時点で24万件にとどまる。年間で250万件の契約数を想定しており、4カ月で1割程度しか達成できていない。しかし同社の吉沢和弘社長は「これでも計画は上回っている」としている。

一方、ソフトバンクの宮内謙社長は「秋からは5G祭りが始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン