/

社員を「部品」にしない 伸びようとする力を引き出す

ロート製薬 山田邦雄会長(下)

ロート製薬会長 山田邦雄氏 

ロート製薬山田邦雄会長は「自分自身の心の壁が成長を妨げる」と考え、若手にも責任のある役割を与えたり、やりがいを意識させたりして成長を促してきた。常に学ぶことを忘れずに、若者には未来を見据えて、中高年世代には会社の外に飛び出して活躍してほしいと考えている。一人一人がやりがいをもって働き、生きていける仕組みをつくり上げようとしている。

<<(上)リーダーは「時代の風」をつかむ 私はバトンつなぐ役

――人材育成で大切にしていることはありますか。

「成長を妨げる一番の障害は、その人自身の心理的な壁だと思っています。そのため、心の壁をできるだけ取ってあげられる機会をつくることを意識しています。自分自身に蓋をして、無理だ、自分にはできない、という思考になってしまう人が多いのです」

「最近の日本の若い世代を見ていると、世界で活躍している人がぞろぞろいます。ただ、残念ながら、日本人は集団になると途端にダメになるような気が個人的にはしますね。特に大きな組織に入ると、部品になってしまうのです」

「当社の杉本雅史社長が面白いことを言っていました。人材の成長には3つの場が大事だと。『修羅場』『土壇場』『正念場』だそうです。これには非常に納得しました。やっぱり、ちょっと厳しい状況に追い込まれたときに人間はぐっと伸びる、ということがあります。若手でも責任のあるポジション、例えばプロジェクトのリーダーなどに任命して、場をつくってあげることを心がけています」

「もう一つは、何のために仕事や努力をしているのかを自覚してもらうことです。これだけ色々な社会課題が山積みしている中で、課題を解決するために頑張っているという気づきを持ってもらうのは、とても重要です。場をつくることが外発的なチャンスとしたら、自覚してもらうことは内発的な情熱を共有するということです。そうすれば人は、伸びる力を一人一人が持っているから、自然に成長していけると思います」

――社員に意識してほしいことはありますか。

「ロート製薬の経営理念の中でも触れていますが、いくつになっても学び続けるということは大事です。常に学び続けるというのは、世代を超えた共通の課題と考えています。私自身も学び続けているつもりです」

未来の世代に何を残すのか

――大組織の中で、情熱を失う人も多いようです。

「ビジネスマンの多くは会社の仕組みの中に埋もれてしまっています。特に大きな組織になるほど、一人一人の役割は小さくなってしまうのは当然のことです。会社の部品になって生きるということは、本当につまらないだろうし、不幸ではないかと感じています」

「特に日本では年功序列の風習が色濃く残っていて、ずっと駒としての生活を続け、少しずつのし上がってやっと上に立つ、という仕組みです。この仕組みはあまり面白くないとも言えるし、いい学校を出た優秀な人を会社の部品にしてしまいます。社会的に見ても、無駄なことをやっていると思います」

「自由にやらせないどころか、囲い込んで枠にはめて、会社がしてほしいことだけやってくれ、という仕組みになっています。これでは世の中はうまく回りません。それによって、日本の企業の多くが自己革新力を失ってしまったように感じます」

「さらに最近は目先をどうするかしか考えられなくなってきた印象です。未来の社会づくりや、未来の世代に何を残すかという発想が薄くなったことは、すごく残念です。せめて自分が関わる限りは、そうじゃない会社の仕組みをなんとかつくりたいと思ってやってきました」

10人ほどで乗るヨット競技にも挑戦している。「タイムなどの目標を掲げてチャレンジするというところが、ただ楽しいだけじゃなくて面白い」(帽子姿が山田邦雄会長)

――副業や他部との兼任の制度が話題になりました。

「サラリーマンの話でいうと1つの部署の1つの仕事というのは、よくよく考えたらその人の能力のうち、せいぜい3割ぐらいしかいらないのでは、と感じています。それは大変もったいないことです。せっかく持っている才能をもっと生かそうとすると、マルチにならざるを得ないと思うのです。そういう意味では今までの仕組みの方がおかしいと思います」

「戦後、集団就職で東京に出てきた人たちに代表されるような、いわゆる会社中心の生活が広まっていく過程で、自然とそうなってしまったのでしょう。もともと地方での暮らしはマルチでいろんなことをやっていたのが、専業化して、工業社会に適応してしまいました。今は少なくとも工業だけの社会ではないのは確かです。だから仕組みも変えていく必要があります」

「様々なプロジェクトを手がけましたが、会社の仕事をいかに上手にやるかではなく、個人の成長を促すためのしかけのようなものをつくってこられたのではないか、と思います」

――未来の世代に何を残したいですか。

「私たちも上の世代から様々なものを受け継いできました。豊かな国土や科学技術力、歴史、文化にしてもそうです。世界の国々と比べると、どれだけ素晴らしいものを引き継いでいるか。日本は課題も多いが、恵まれていないとは口が裂けても言えません。世界を見ればこんなに恵まれた国はそうそうないのですから」

「にもかかわらず、自信も失い、未来に絶望している人が多い印象なのは残念です。後世の人たちから、あの世代の人たちはなんてダメだったんだと言われかねません」

「未来の世代に何を残すかを上の世代が考えることは、あまりにも当たり前のことなのですが、当たり前の発想をする余裕がなくなっているのでしょう。これは大変ぜいたくなことです。もっと深刻な課題を抱えている国からいいかげんにしろと言われてもおかしくありません」

アナログな「つながり」も大切に

――若い世代に意識してほしいことありますか。

「私たち上の世代に比べて、若い人の方がこれから待っている未来は長いです。会社のトップは将来を見通してとよく言われますが、本当は将来を見通さないといけないのは若い世代の方だと思います。中長期の戦略的な視点というのは、若い世代に託したいです」

――上の世代には、どう役割を担ってほしいですか。

「ベテランの皆さんには、もっと社外に飛び出していってほしいです。会社といっても狭い世界です。ロート製薬が単独でできることは一生懸命やっていますが、社会を変えようとすると、1社ではできないことが多いのです。社外との連携を取らないといけません」

新型コロナをきっかけに「つながれる世の中になって、チャンスも広がっている」と前向きな面に目を向ける

「そういう意味で、つながりを外へ広げていく先兵として、ベテランの人たちに活躍してほしいのです。上の世代で今リーダーシップを持っている人が、もっと外にアンテナを張って飛び出せば、次の若い世代もついていけます。閉じたお城の中にひしめき合っているよりは、なるべくオープンにやっていかなければならない時代です。その方が色々な可能性が開けてくると思います」

――新型コロナウイルスが社会のあり方をどう変えたと思いますか。

「良い面からいうと、コネクト(つながること)が加速したということでしょう。今までだったら、実際に誰かと会うというのは距離の問題もあって、結構大変でした。でも今は自宅にいることも多く、タイミングさえあればつながれる環境です。時差の問題はしょうがないですが、グローバルな会議も簡単につなげられる時代になった」

「100%在宅勤務にする企業もあるようですが、人間もしょせんはアニマル(動物)です。雰囲気や嗅覚などのアナログの部分は、オンラインだけでは難しいでしょう。一足飛びにニューノーマル(新常態)でデジタルに、というのは落とし穴があると思います。徐々に代わっていくと思いますが、やっぱりアナログも大切にしたいな、というのが私自身の考えです。逆にいうと、つながれる世の中になって、チャンスも広がっていると思います」

山田邦雄
1956年大阪府生まれ。79年東大理卒、80年ロート製薬入社。99年に社長。2009年から会長。

(張耀宇)

<<(上)リーダーは「時代の風」をつかむ 私はバトンつなぐ役

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン