米新興EVルーシッド、セダン21年発売 850万円から

自動車・機械
北米
2020/9/10 14:28
保存
共有
印刷
その他

ルーシッドモーターズが21年に発売する高級EV「エア」

ルーシッドモーターズが21年に発売する高級EV「エア」

【シリコンバレー=白石武志】米テスラ元幹部らが設立した新興の電気自動車(EV)メーカー、米ルーシッドモーターズは9日、同社初の市販車となる「エア」を2021年に発売すると発表した。4~5人乗りのセダンで、価格は約8万ドル(約850万円)から。テスラの高級セダン「モデルS」や独ポルシェのEV「タイカン」などと競合することになる。

エアは、駆動部品を小型にすることで、競合車種に比べ広い車内と収納スペースを確保したのが特徴という。停止状態から時速60マイル(約96キロメートル)に達するまで2.5秒以内と、スポーツ車並みの加速性能も持たせた。最大で容量113キロワット時の車載電池を搭載し、1回の充電で約830キロメートルを走行できるとしている。

ルーシッドモーターズの高級EV「エア」は広い車内空間が特徴という

ルーシッドモーターズの高級EV「エア」は広い車内空間が特徴という

ルーシッドはテスラ元幹部のバーナード・ツェ氏らが07年に設立した車載電池メーカーが母体で、16年ごろからEVの開発に乗り出した。19年からはテスラでモデルSの開発を指揮したピーター・ローリンソン氏が最高経営責任者(CEO)を務めている。

現在の株主構成を開示していないが、過去にサウジアラビアの政府系ファンド、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)から10億ドル超の出資を受けたと明らかにしている。日本企業では三井物産などが出資している。

自社のウェブサイト上で予約を受け付け始めた。米アリゾナ州に建設中の新工場で最上位グレードの「ドリームエディション」(16万9千ドル)を21年1~3月に生産し始める予定。段階的に生産車種を増やし、22年には8万ドル以下の下位グレードの出荷も始める。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]