/

この記事は会員限定です

「炎」の伸和HD、ウラジオストクで卸販売

[有料会員限定]

居酒屋「炎(えん)」を展開する伸和ホールディングス(札幌市)はウラジオストク(ロシア)で商品の卸販売に乗り出す。自社店舗のある現地で食品スーパーに「生つくね」や「塩ザンギ」の冷凍食品を売る。新型コロナウイルス禍で高まる中食需要を狙う。

伸和HDは17年に「炭火居酒屋炎」のウラジオストク1号店を出店。ロシア国内から原料を調達し、店舗で調理している。卸売りする商品は店舗のほか、市内で新たに確保した拠点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン