/

この記事は会員限定です

[FT]波乱含みの米大統領選、身構える金融市場(上)

[有料会員限定]

4年前、大富豪の投資家カール・アイカーン氏は、ニューヨークのヒルトンホテルで開かれていたドナルド・トランプ氏の大統領選祝勝パーティーの騒々しい会場をそっと抜け出した。時間は午前2時。衝撃的な選挙結果を受けて市場が急落していた。アイカーン氏は機に乗じようとしたのだ。

この大仰な不動産デベロッパーにヒラリー・クリントン元国務長官が敗北したのを受け、その夜の米国株式市場では先物指数が5%も急落、暴落に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン