/

Jパワー、大間原発の稼働2年延期 審査長期化で

建設が中断している大間原発(Jパワー提供)

Jパワーは10日、建設中の大間原子力発電所(青森県大間町)の工事再開時期を従来の想定より2年程度延期し、2022年後半とする方針を明らかにした。原子力規制委員会による安全審査が長期化しているため。26年度ごろとしていた運転開始時期も28年度ごろになる。同原発の工事延期は4度目。

同日、Jパワーの倉田一秀常務執行役員が地元の大間町議会で報告した。一連の安全審査が完了していないことなどから、26年度ごろの運転開始は難しいと判断した。

大間原発は08年に着工したが、11年の東京電力福島第1原発事故を受け工事が停滞している。同原発ではウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料が使用される予定で、日本のプルトニウム保有量の削減が期待されてきた。稼働が再度延期することで、国の原子力政策などにも影響がでそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン