あの日見た空 エッセイスト 北大路公子

エッセー
2020/9/12 16:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

見ず知らずのおじいさんと2人、空を見上げたことがある。2年前の9月6日のことだ。

前々日の夜半、大風が吹いた。天気予報がしきりに警戒を呼びかけていたので、事前に家周りを片付け、網戸も外して中に入れた。既に日はとっぷりと暮れ、雨も降り出していた。暗闇の中、ごうごうと鳴る風音に、心細さを感じたのを覚えている。当時、父は入院中で母は肩を骨折して家にいた。もし何かあったら、病人と怪我(けが)人の年寄りを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]