/

この記事は会員限定です

会計士の研修不正、広がる波紋 オンラインで二重受講

[有料会員限定]

公認会計士の法定義務である研修制度で不適切行為が発覚し、波紋を呼んでいる。あずさ監査法人の一部の会計士がオンラインで複数の講座を同時に受講し、必要な単位を不正に取得していたことが判明した。日本公認会計士協会は研修体制の実態調査に乗り出すなど解明を急ぐが、会計士への信頼は再び揺らぎ始めている。

「調査結果を確認し、会則に従って厳正に対処する」。会計士協会の手塚正彦会長は7日夜の記者会見で厳しい表情を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン