東京都が実証実験の促進でスタートアップ9社採択

2020/9/10 10:15
保存
共有
印刷
その他

東京都は、今年度から実施する「スタートアップ実証実験促進事業」に関わる9社を採択したと発表した。実験期間は9月から11月の予定。

遠隔で魚のエサやりができるスマート養殖システムを開発するウミトロン(東京・港)はスーパーの協力を得て、同社のシステムで育てた魚を販売し、消費者の反応などを調べる。そばゆでなど調理ロボットを開発するコネクテッドロボティクス(東京都小金井市)は、鉄道会社が運営する店舗でロボットを使ってもらい、利便性などを確かめる。

審査を通過した企業については、12月から実証実験を続け、3月に結果をとりまとめる。同事業では東京都が上限1000万円で資金を提供するほか、実証実験の場となる協業先を紹介する。第2期分として、さらに3~5社程度を採択する考えで9月末まで応募を受ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]