/

この記事は会員限定です

秋田県の飲食券、利用期限延長 感染拡大で売れ残り

[有料会員限定]

秋田県はプレミアム付き飲食券の利用期限を当初の9月末から2021年2月末に延長した。発行枚数の7割が売れ残ったため、忘年会や新年会シーズンまで延ばし、利用を増やす考えだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外食自粛ムードがいつまで続くか読めず、振り回された格好だ。

県民対象のプレミアム付き飲食券は1000円券を700円で買え、県内加盟店舗2187店舗で利用してもらう事業。秋田市の1人1カ月の外食費が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン