消えゆく「学校のウサギ」 教員の働き方改革で

スコープ
社会・くらし
2020/9/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

働き方改革の余波が学校のウサギやニワトリに及び始めた。教員の負担軽減のために飼育をやめる学校が相次いでいるという。児童らが命の大切さを学ぶ貴重な場所でもある校庭の小屋。教員に頼らず、飼育を続けることはできないか、地域を巻き込んで模索する動きも出ている。

「ウサギの世話で土日も学校に通わなければならず、体力的につらい」。愛知県にある公立小学校の女性教員は打ち明ける。この学校では、児童が登校しない週…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]