/

この記事は会員限定です

消えゆく「学校のウサギ」 教員の働き方改革で

[有料会員限定]

働き方改革の余波が学校のウサギやニワトリに及び始めた。教員の負担軽減のために飼育をやめる学校が相次いでいるという。児童らが命の大切さを学ぶ貴重な場所でもある校庭の小屋。教員に頼らず、飼育を続けることはできないか、地域を巻き込んで模索する動きも出ている。

「ウサギの世話で土日も学校に通わなければならず、体力的につらい」。愛知県にある公立小学校の女性教員は打ち明ける。この学校では、児童が登校しない週末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン