人口300人でも幸せに 福島県葛尾村の若者団体が奮闘
東北6県 気になる現場

東日本大震災10年へ
2020/9/10 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口300人でも幸せを追求する――。東京電力福島第1原子力発電所事故で過疎化が一気に進んだ福島県葛尾村で、こんな目標を掲げて活動する若者の団体がある。一足飛びに人口規模を追い求めず、住民の暮らしの満足度を保ちながら交流人口を拡大する道を模索している。

村は同県東部の阿武隈高原にある。大半の地域が福島第1原発の30キロ圏内で、原発事故で全村避難を強いられた。2016年6月に面積の約8割で避難指示が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]