/

この記事は会員限定です

人口300人でも幸せに 福島県葛尾村の若者団体が奮闘

東北6県 気になる現場

[有料会員限定]

人口300人でも幸せを追求する――。東京電力福島第1原子力発電所事故で過疎化が一気に進んだ福島県葛尾村で、こんな目標を掲げて活動する若者の団体がある。一足飛びに人口規模を追い求めず、住民の暮らしの満足度を保ちながら交流人口を拡大する道を模索している。

村は同県東部の阿武隈高原にある。大半の地域が福島第1原発の30キロ圏内で、原発事故で全村避難を強いられた。2016年6月に面積の約8割で避難指示が解...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年へ

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン