/

官房長官、首相と二人三脚の「内閣の要」

「内閣の要」「首相の女房役」などと呼ばれるのが官房長官である。首相と毎日顔を合わせて二人三脚で政権運営に臨む。国会や連立与党などとの調整役を担いつつ、1日2回の記者会見もこなすため、実務能力の高さが問われるポジションだ。

加藤勝信官房長官は安倍政権では厚生労働相として新型コロナウイルス対策にあたってきた

歴代最長政権となった第2次政権以降の安倍内閣は菅義偉氏が一貫して官房長官を務めた。菅氏の在任日数は2016年7月、歴代1位となった。2位は森、小泉内閣の福田康夫氏、3位は吉田、佐藤内閣の保利茂氏、4位は中曽根内閣の後藤田正晴氏だった。

官房長官には首相と長年行動を共にしてきた「側近型」や政局や政策の節目で首相に進言する「参謀型」、後継者や次の世代を担う中堅・若手を抜てきする3つのパターンがある。側近型には歴代2位の長期政権を支えた保利氏や「趣味は田中角栄」が口癖だった二階堂進氏らがいる。側近型は同じ派閥の出身が多い。経験や人脈を生かして首相に進言する「参謀型」の代表格は後藤田氏だ。

菅氏はどちらかといえば「参謀型」タイプに近かった。霞が関の人事や情報を掌握して長期政権を支えた。菅氏はかつて「官房長官として政府内、関係省をしっかり連携させることが極めて大事だ」と語っていた。令和の改元発表では「令和おじさん」として知名度が急上昇した。

安倍晋三前首相が7月、月刊誌の取材に菅氏が「有力な候補の一人」と明言した際に「菅首相には菅官房長官がいないという問題がありますが」と付け加えた。新内閣の発足にあたっては「内閣の要」に誰が起用されるかは最大の関心事となった。

加藤勝信官房長官は旧大蔵省出身の政策通で、官房副長官として菅氏に仕えたこともある。自民党内では「記者会見や国会答弁を安心して任せられる」との声があがる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン