総務会長、党最高決定機関を差配

菅内閣発足
政治
2020/9/16 18:15
保存
共有
印刷
その他

自民党総務会長は幹事長に次ぐナンバー2に位置づけられる。総務会は党の最高意思決定機関で、国会に提出するすべての法案や条約、党の人事、運営方針は最終的に総務会の承認を得る必要がある。総務会を取り仕切る総務会長はカギを握る存在だ。

内閣が国会に法案を出す前に総務会の了承を得る「事前審査制」は1962年に確立した。池田内閣時代、赤城宗徳総務会長が大平正芳官房長官に「法案提出の場合は閣議決定に先立って総…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]