コロナで脚光 日本発トイレ革新、世界へ TOTO・LIXIL
クリーンテック 駆けるトイレ(上)

2020/9/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本のトイレが世界で脚光を浴び始めた。LIXILやTOTO、パナソニックなどは、温水洗浄便座やタンクレスなどトイレに技術革新を起こし、利便性や清潔さを提供してきた。日本の先端トイレの海外での浸透は、一部の高所得者層に限られていたが、コロナ禍で潮目が変わった。衛生観念の強まりが普及を後押しする。トイレを巡るクリーンテックの最前線を追った。

■温水洗浄便座、不毛の地の米国で爆売れ

温水洗浄便座の不毛の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]