石破・岸田氏、地方141票 2位を左右 自民党総裁選
自民総裁選、優勢・菅氏も上積み狙う

菅内閣発足
2020/9/10 1:00 (2020/9/10 8:41更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党総裁選は党内7派閥のうち5派閥が支持する菅義偉官房長官が優勢となった。追う展開の石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長は地方票141票の上積みで2位を争う。過去には順位の上下が次の総裁選への出馬に影響したことがある。

石破氏は9日、埼玉県ふじみ野市を訪問して昨年の台風被害を視察した。全国で同一水準の防災対応を目指すために防災省を創設すると訴えた。いったん都内に戻って党青年局・女性局主催の討論会に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]