石化大手にコロナの試練 4~6月期、軒並み赤字

2020/9/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

化学大手の2020年4~6月期決算は、苦境を反映する結果となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて世界的に化学製品の需要が減退。特に石油化学事業部門で、自動車向けの需要減や原油価格下落の影響を大きく受けた。石化製品の好況を謳歌してきた化学業界だが、市況悪化に左右されにくい機能性化学品などへのシフトが生き残りのカギを握る。

総合化学大手6社の決算を見ると、石油化学関連部門の営業損益は軒並み…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]