野菜開発 シンガポール・テマセクが資金
都市農業向け 自給率向上へ一役

アジアBiz
2020/9/9 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司】シンガポールの政府系投資会社、テマセク・ホールディングスが農業やバイオ医薬関連企業への投資を増やしている。医薬・農薬大手の独バイエルとは米国に都市型農業に適した野菜の品種を開発する新会社を設立。培養肉や植物性ミルクを開発するスタートアップにも相次ぎ出資した。

シンガポールは10%未満にとどまる食料自給率を2030年までに30%に引き上げる計画。最新技術を活用した都市型農…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]