外相、米中対立下の外交舵取り

菅内閣発足
政治
2020/9/16 18:15
保存
共有
印刷
その他

外交を担い国際舞台に立つ機会が多い外相は、内閣の顔の一つである。正式名称は「外務大臣」で、日本の内閣制度が始まった1885年以来、一度も名称が変わっていない歴史あるポストだ。有力政治家が就くことが多く、戦後の首相のうち外相経験者は吉田茂氏ら10人いる。2000年の森喜朗氏以降の8人では麻生太郎氏が経験者だった。

第2次安倍内閣が発足した2012年以降は岸田文雄、河野太郎、茂木敏充の3氏が務めた。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]