/

この記事は会員限定です

世界の企業が資本増強急ぐ 株で調達、前年比6割増

劣後債13年ぶり高水準

(更新) [有料会員限定]

世界の企業が資本増強を急いでいる。今年1~8月の株式による資金調達は前年同期に比べ6割増え、5年ぶりの規模となった。一部を自己資本として認められる劣後債の発行額も13年ぶりの高水準だ。新型コロナウイルスの感染拡大の当初は、ローンや社債で手元資金を確保する企業が多かったが、業績悪化が長期化し資本不足が懸念されるようになっている。

調査会社リフィニティブによると、1~8月の株式による資金調達は世界全体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン