対ファーウェイ、日台韓で2.8兆円の部品供給停止リスク

2020/9/10 2:00 (2020/9/10 5:14更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米商務省が中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に課す規制実施が15日に迫り、米国技術を使う企業から同社への半導体輸出が全面的に止まる可能性が高まってきた。日本、台湾、韓国の企業だけで2兆8000億円規模の部品が供給停止リスクにさらされる。一部企業は代替納入先を模索するなど、ファーウェイ規制は企業経営にも変容を迫る。

米商務省は8月、米国の製造装置や設計ソフトを使用すれば、外国製半導体でも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]