先生はAI、GIGAスクールで教室変えるスタートアップ

2020/9/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップが学校教育のデジタル化をけん引しようとしている。契機は児童生徒1人に1台の学習端末を用意することを柱とした政府の「GIGAスクール構想」。今後デジタル教材の普及が見込まれる中、教室には人工知能(AI)の"先生"も登場。生徒一人ひとりの弱点を見つけ出し課題まで用意する。オンラインが幹となる教育分野のテクノロジー「エドテック」は、ウィズコロナ時代とも呼応する。

武蔵野大学中学校(東京都…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]