ブリヂストン久留米工場 多品種製造や生産性でリード
九州・沖縄 拠点を探る

2020/9/10 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タイヤメーカー世界最大手、ブリヂストンの久留米工場(福岡県久留米市)は、1931年に操業を始めた国産タイヤ発祥の地。国内外に165の生産拠点がある今でも航空機、レーシング車、モノレール用など多品種少量生産や自動化による生産性の高さでリードする「マザー工場」だ。

JR久留米駅から「ブリヂストン通り」に沿って歩いてすぐ。筑後川に抱かれるように広がる工場敷地に入ると、ゴムのにおいが漂っていた。

東京ド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]