ネスレ日本、スープ専用機設置3割増 消費変化に対応

2020/9/9 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ネスレ日本(神戸市)はボタンを押すだけで簡単にスープが提供できる専用機械「スープバー」を年内に最大300カ所増やす。直近の設置先は約850カ所で、今後約4カ月で3割程度の増加を目指す。新型コロナウイルスによる消費の変化で、テークアウトを強化する飲食店の「もう1品」需要や、コロナ感染防止につなげるホテルなどの需要を取り込む。コーヒーマシンの成功モデルも生かし、新たな提案で売り上げ拡大につなげる。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]