/

福島県会津地方の路線バス網の再編支援 国交省

国土交通省は福島県会津地方のバス会社や自治体が検討している路線バス網の再編を支援する。山が多い会津地方は過疎化が深刻でバス会社の経営の維持と住民の足の確保のバランスをどうとるかが課題になっている。

対象は会津若松市、喜多方市、会津坂下町、湯川村、柳津町、会津美里町。これらの6市町村と福島県が作成した「会津圏域地域公共交通再編実施計画」を東北運輸局が支援対象として認定した。認定によって国の補助金の対象が拡大する。

バス会社は利用者が少ない一方で複数社が運行する路線の統合やルートの見直しをする。路線がなくなったりバス停が遠くなったりする住民らのために、一定のルートや目的地を決めたタクシーが予約方式で走る「デマンドタクシー」などを運行する。

実施計画の認定を受けるのは福島県内で初めて。東北地方では青森県の弘前市、八戸圏域に続いて3件目。

実施計画は利用者の増加策として郊外を走るバスと市街地のバスの接続の改善にも力を入れる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン