/

遺体は熊本大の35歳研究員 側溝で発見、女性殺人事件

(更新)

熊本市内の側溝で身元不明の女性遺体が見つかった事件で、熊本県警は9日、遺体の身元を同市中央区本荘4の楢原知里さん(35)と発表した。熊本大によると、楢原さんは、鹿児島大と共に設立したヒトレトロウイルス学共同研究センターの熊本大キャンパス(熊本市)に研究員として勤務している。

熊本南署捜査本部によると、楢原さんの母親が8日、公開された似顔絵が「娘に似ている」と連絡。9日に両親が確認した。6日午後5時ごろまで職場にいたのが確認されており、捜査本部はその後殺害されたとみて調べている。

楢原さんは一人暮らしとみられ、自宅の玄関は施錠されていた。これまでの捜査で、楢原さんの周辺でトラブルは確認されていないという。

楢原さんの遺体は7日午前9時10分ごろ、同区本荘3の市道脇の側溝で、あおむけの状態で見つかった。司法解剖で死因は窒息と判明。携帯電話や財布、自宅の鍵などの所持品は見つかっていない。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン