/

この記事は会員限定です

コロナワクチン英社治験中断 安全性重視、拙速に警鐘

[有料会員限定]

急ピッチで開発が進む新型コロナウイルスのワクチンに対し、安全性への懸念が浮上している。英アストラゼネカは8日、最終段階の臨床試験(治験)を一時中断したと明らかにした。拙速な実用化を求める政治の動きに対して警鐘を鳴らす専門家は多く、主な開発企業も慎重な姿勢を打ち出した。

アストラゼネカのワクチンは有望な候補の一つとみられており、米トランプ政権は開発を支援、早期承認への期待を示していた。同社は日本や英...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン