/

和歌山IR応募のサンシティ、市内に拠点開設

サンシティグループが開設する事務所には、和歌山IRの施設模型も展示する(和歌山市)

和歌山県で統合型リゾート(IR)参入をめざすマカオのサンシティグループは9日、和歌山市内に開設する事務所を報道陣に公開した。南海電鉄の和歌山大学前駅に直結したビルの1階にあり、11日からは事務所内のオープンスペースを一般の人も利用できる。オープンスペースでは施設模型を展示したり動画を上映したりして、地域住民の理解促進につなげる。

和歌山県は同市の人工島「和歌山マリーナシティ」へのIR誘致をめざしている。サンシティは4月、IR運営に応募しており、10月の事業提案締め切りに向けて計画を策定中。県は提案を受けて2021年1月ごろにIR事業者を決める。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン