/

JR東海、時間帯別運賃「勉強」 在来線や新幹線で

JR東海の金子慎社長は9日の定例会見で、時間帯によって運賃に差を付ける運賃体系について「効果があるのか勉強したい」と話した。時間帯別運賃はJR東日本JR西日本が検討の意向を明らかにしている。同社長は「事業者として(乗客の)ピークを分散したいのは同じ」として、JR各社と議論していく方針を示した。

鉄道運賃は国土交通省の認可制で、JRの本州3社は原則として距離に応じた普通運賃で統一されている。このため現状の制度であればJRの東西が運賃を変える場合、東海も影響を受ける。

JR東海の場合、在来線のピーク時の乗客がJR東日本の山手線などやJR西日本の大阪環状線などに比べ少ない特性がある。東海道新幹線も指定席が多いため、乗客が密集する場面は少ない。ただ「繁忙期や閑散期でどうするか」(金子社長)といった点も含め、議論を深める方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン